2019年02月16日

生春巻きとチキンライス@Win's(横浜市神奈川区)


wins_3.jpg

wins_7.jpg

wins_1.jpg

ぱっぱっぱっと終わる予定の要件が、何と3時間も待たされてしまい、腹ぺこ状態で六角橋商店街を歩いていたら、ベトナム料理の店を見付けた。今日のランチは、ベトナム料理を食べることにした。

店内はテーブルが5つほどのコンパクトな空間を、店主と思われる男性がひとりで切り盛りしている。メニューを見ると結構な種類があったが、どれを選んで良いのか、迷いそうだったので、ここは素直にランチセット(1000円)を注文することにした。

この店のランチセットは、前菜(生春巻・水餃子・揚げ物盛り合わせ・海老団子)から1品、メイン(鶏肉のフォー・牛肉のフォー・チキンカレー・気まぐれ料理…今日はチキンライス)から1品それぞれ選ぶことが出来る。

前菜は、生春巻か水餃子か迷ったが「生春巻」、メインは、フォーやカレーの気分ではなかったので、チキンライスを選択した。

wins_3.jpg

生春巻

海老・鶏肉、そして野菜がぎっしりと詰まった生春巻に、甘辛酸っぱいタレをたっぷり付けて食べてみた。

wins_6.jpg

生春巻は、口の中に入れた瞬間に感じる、具材達のライスペーパーの抑圧から解放された自由さがおもしろい。食べているうちに、辛味が欲しくなったので、テーブルの上にある赤いソース(店主曰く「万能ソース」)を付けてみた。

ちょっと辛くなって、これも美味いぞ!

最後は、甘辛酸っぱいソースに、思いっきり赤いソースを投入してみたが、これがいちばん美味かった。

wins_7.jpg

チキンライス

小さな皿の薬味(分葱・生姜・秘密の調味料)をあらかじめかき混ぜておいて、それをチキンライスと更にかき混ぜて食べる。

やや濃いめに味付けされた飯と生姜の風味が良く合う。米は細長く粘りけのないインディカ米。この独特のぱさぱさ感が良い。飯の上に乗っているチキンにも味が付いている。このチキンと生姜の相性は最高だ。

wins_9.jpg

全体的に濃いめの味なので、食べているうちに口の中が重くなってくる。そんな口をリフレッシュしてくれるのが、付け合わせのピクルスだ。程よい酢加減が心地良い。

wins_10.jpg

ベトナムコーヒー(200円)

ベトナムのチュンゲン社のコーヒーを使用したこだわりの一杯。グラスの下には練乳がたっぷりと沈んでいて、それをかき混ぜ味を調整しながら飲む。ちょっと癖のある風味に、練乳の強烈な甘みが合う。コーヒーはブラック派なので、あまり溶かしすぎないように注意して飲んでいたのだが、油断したら最後に練乳まですべて口の中に入ってしまい、超練乳の甘甘な口になってしまった。

ベトナム料理は、野菜がふんだんに使われているので、食べ終えた後、何だかとても体に良いことをしたような気分になる。

ごちそうさまでした。

〔場所:横浜市神奈川区〕

                                            

【お店データ】

■店名:Win's(ういんず)
■ジャンル:ベトナム料理
■住所:神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-4-6
■アクセス:東急東横線「白楽駅」徒歩3分
■営業時間:11:30〜15:00 18:00〜23:00(L.O 22:30)
■定休日:火曜日
■ホームページ: http://ggyao.usen.com/0005031600/
■食べログ:http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140205/14005217/

                                            

posted by ぐるマン at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185558592
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック