2019年02月06日

さえずりと親子丼@纜(横浜市神奈川区)


tomoduna-4.jpg

tomoduna-6.jpg

tomoduna-1.jpg

子供の頃、なぜか「焼き鳥は大人の食べ物」というイメージがあって、「大人になったら絶対食べてやる!」という憧れの食べ物であった。その影響か、今でも焼き鳥に対しては「特別感」を持っている。その「特別感」を満たし、「特別な時間」に変えてくれるのが「纜(ともづな)」である。

tomoduna-2.jpg

鶏刺し(810円)

まずは、「鶏刺し」からスタート。新鮮さは、艶々とした光沢からも見て取れる。それぞれの部位による食感の違いやほのかな甘みを楽しめる。レバーは、季節や日によって味わいが違う。今日は、マグロで言うならば「中トロ」であった。「中トロ」や「大トロ」と出会えた日はラッキーである。

tomoduna-3.jpg

かしわ(280円/1本)

やはり王道は「かしわ」(もも)。「纜」は奈良県で生産されている「大和肉鶏」を使用している。その原種鶏である、軍鶏由来の歯ごたえが十二分に楽しめる。そして、備長炭で丁寧に焼き上げられた「かしわ」からは、噛みしめた瞬間、熱々の甘い肉汁がじわ〜っと湧き出てくる。すべてが完璧の一串である。

tomoduna-4.jpg

さえずり(240円/1本)

最近はまっているが「さえずり」。気管(食道)の部分である。部位そのものには、それほど味はないように思われるが、コリコリくにゅとした食感が楽しい。「纜」のやや辛めのタレがとても良く合っている。

tomoduna-5.jpg

だし巻き玉子(780円)

「だし巻き玉子」も絶品!注文ごとに作ってくれるので、熱々ふわふわの状態で出てくる。醤油を少し垂らしたおろしと一緒に食べると、だしの旨味とたまごの甘みがより一層感じられる。白飯が欲しくなる。

tomoduna-6.jpg

親子丼(760円)

最後は「親子丼」。麦飯の上に、出汁で煮られた大和肉鶏に半熟トロトロ状態の卵が絡まっている。これに「山椒」をぱらぱらっと掛けて、ズルズルっと食べる。これ以上ない、締めの一杯だ。

ごちそうさまでした。

(場所:横浜市神奈川区)

                                            

【お店データ】

■店名:纜(ともづな)
■ジャンル:焼き鳥・鶏料理
■住所:神奈川県横浜市神奈川区泉町3-7
■アクセス:東急東横線「反町駅」徒歩5分 JR「横浜駅」西口より徒歩15分
■営業時間:17:30〜00:00(L.O 23:00 土曜日は22:30)
■定休日:日曜
■ホームページ:http://tomoduna.jp/index.html
■食べログ:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140205/14000610/

                                            

posted by ぐるマン at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼き鳥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185509741
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック