2019年01月31日

太助らーめん 味噌@太助(神奈川県平塚市)


tasuke-2.jpg

tasuke-5.jpg

平塚にある「太助」は、おやじさんが作る味噌らーめんが売りの店である。ネットで調べてみると、昔は、頑固親父キャラだったらしいが、現在はかなり穏やかキャラに変化している。実際、同僚で、子供の頃に空いている席に座っただけで「勝手に座るな!」と怒られた者もいるから、頑固親父キャラ説は正しいと思われる。

多分開店早々(11:00ごろ)に行ってみると、もうすでに2組の客がいた。空いている席に勝手に座ろうと思ったが、同僚の体験が脳裏に浮かんだのでしばらく突っ立っていたが、おやじさんは声を掛けてくれそうになかったので、そっと座ってみた。

tasuke-1.jpg

すると目の前に、カットレモン入りの水が出された。どうやら、勝手に座って良かったらしい。(ほっ…)それにしてもこのカットレモン水、子供の頃は、ちょっと気取った店に行った時に出された記憶があるが、今では珍しい。

そんなレトロな雰囲気に浸っていると、おやじさんが身を乗り出して「注文は?」と聞いて来た。単純に「味噌らーめん」と言えば良いものを「太助らーめん」という文字が気になり、つい、「太助らーめんって何ですか?」と聞いてしまった。直ぐに答えが返って来るのかと思いきや、「…………」と、しばし無言。そうなると当然おやじさんとしばらくにらめっこ。何だかおやじさんの顔が少し赤くなってきた。「しまった…怒らせちまったか…」と焦っていると、「いろいろ入ってんの。」と優しく答えてくれた。その「いろいろ入ってんの」を味噌で注文。

tasuke-2.jpg

太助らーめん 味噌(750円)

「いろいろ入ってんの」と言われて、かなりの具だくさんをイメージしていたが、おやじさんがカウンターに置いてくれたらーめんは、非常に見た目シンプルなものだった。いろいろ=メンマ・チャーシュー・ゆで卵・もやし・ワカメ…そして、一番上にはカイワレが置かれている。

tasuke-4.jpg

麵は、例のぼそぼそごわごわした麵。この麵が味噌ラーメンと良く合うし、この麵でなれば味噌ラーメンを食べた気がしない。

スープは…正直に言って「薄い!」最近、脂ぎっしゅなラーメンは食べられなくなった私でも、「何か入れ忘れてませんか〜?」という感じだ。でも、直ぐに判断してはいけない。しばらく食べ進めてゆくと、じわ〜っと優しく味噌スープが主張してくる。そして、気付けば、最後の一滴まで残さずいただいた。

これがおやじさんが作り出す「太助」のらーめんなのだ。焦ってはいけない…。

ごちそうさまでした。(今回はかなり語ってしまった…)

(場所:神奈川県平塚市)

                                            

【お店データ】

■店名:太助(たすけ)
■ジャンル:ラーメン
■住所:神奈川県平塚市中原1−12−9
■アクセス:JR東海道線「平塚駅」西口より徒歩30分 *バス・タクシー利用がおすすめ
■営業時間:10:00〜 *無くなり次第終了
■定休日:火・水曜日
■ホームページ:
■食べログ:https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140407/14026046/

                                            

posted by ぐるマン at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185464515
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック