2019年01月29日

名代「牛鍋」あおり@荒井屋 万國橋店(横浜市中区)


araiya-2.jpg

araiya-1.jpg

横浜発祥と言われる「牛鍋」。かつて横浜には何軒もの牛鍋屋があったものと想像できるが、現在は老舗牛鍋屋としては3軒のみの存在だ。その中の1軒が「荒井屋」である。今回は「荒井屋 万國橋店」に行ってみた。

araiya-2.jpg

名代「牛鍋」あおり(4104円)

「牛鍋」と「すきやき」の違いとは?と、しばしば議論されるが、簡単に言うと、「牛鍋」は牛肉と野菜を一緒に割り下でグツグツと煮て食べるもの。そして「すき焼き」は牛肉をさっと焼いたところに割り下、またはざらめと醤油を入れて味付けをして、まずは肉を楽しみ、その後野菜を入れて食べるもの、ということになる(らしい)。

araiya-4.jpg

その通り、荒井屋の牛鍋は、初めから牛肉と豆腐と野菜が鉄鍋の中にセットされた状態で出てくる。そこに割り下を入れてグツグツと煮てから食べるのである。

araiya-5.jpg

もちろん初めは肉から。

軽く煮られた牛肉を生卵にからめて食べると、柔らかくふっくらとした食感で、牛肉の風味と甘みが口の中に広がって絶好調に美味い。すきやきの焼かれた香ばしい牛肉も良いが、牛鍋ならではのこのふっくら感も良い。しかし、いくら美味いからと言っても、さすがに牛肉だけだと重いので、その後は豆腐や野菜でクールダウンだ。

牛肉と豆腐と野菜…この絶妙な取り合わせの中には、食のストーリーがある。実に美味いストーリーである。

腹9分目辺りで、残った具材を、残った生卵と一緒に白飯の上に乗せ、さらに肉と野菜の旨みがプラスされた割り下をたっぷりと掛けて、「つゆだく牛丼」をかき込む至福のエピローグ。

ごちそうさまでした。

(場所:横浜市中区)

                                            

【お店データ】

■店名:荒井屋 万國橋店(あらいや ばんこくばしてん)
■ジャンル:牛鍋
■住所:神奈川県横浜市中区海岸通4-23 相模ビル 1F
■アクセス:みなとみらい線「馬車道駅」徒歩3分
■営業時間:11:00〜14:30(L.O 14:00) 17:00〜22:00(L.O 21:30)
■定休日:不定休
■ホームページ:http://www.araiya.co.jp
■食べログ:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14009643/

                                            

posted by ぐるマン at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛鍋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185455379
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック