2019年01月15日

エッグコーヒー@カフェ ジャン(横浜市中区)


cafe-jyan-2.jpg

cafe-jyan-1.jpg

ベトナムハノイに本店を構える「エッグコーヒ」ーで有名な「カフェ ジャン」が、なぜか横浜中華街にあるという噂を聞いて行ってみた。

cafe-jyan-2.jpg

エッグコーヒー・ホット(480円)

cafe-jyan-3.jpg

ベトナムコーヒーというと、底に練乳がたっぷり沈んでいるコーヒーを思い浮かべるが、この「エッグコーヒー」は、コーヒーの上に、エッグクリームという卵黄のクリームが浮かんでいて、おなじみのベトナムコーヒーとは全く違う。これをかき混ぜながら飲むのだが、ほのかにカスタードクリームのような甘みがあるエッグクリームが、コーヒーの苦みと相まって、絶妙な美味さを醸し出す。ソーサーには湯が入れられていて、冷めないようになっているのも、ちょっとうれしい。

テーブルの上にあった、説明文によると
「イタリアの牛乳を使ったカプチーノからインスピレーションを受け、当時牛乳が高価な為、卵で代用して作ったことが始まり。」
とある。

なるほど、ベトナム版カプチーノと言ったところか…

カプチーノと比べると、かなりデザート寄りである。しかし、食後の一杯にしては重い感じがするし、デザートにしては軽いし、どのような位置づけにするのかが難しい。

店の雰囲気は、本店を再現しているのか何となくベトナムチック(ベトナムには行ったことはないが…)で良いのだが、残念ながらゆっくり出来る雰囲気ではない。「エッグコーヒー」がおもしろい存在なだけに、無理にベトナムの雰囲気を全面に出すのではなくて、日本人が使い慣れているスタバみたいな雰囲気にカスタマイズして、「エッグコーヒー」を全面に出すのが良いと思う。

それにしても、なぜ、中華街にベトナムコーヒーなのだろうか?

ごちそうさまでした。

(場所:横浜市中区)

                                            

【お店データ】

■店名:カフェ ジャン 横浜中華街店(かふぇ じゃん よこはまちゅうかがいてん)
■ジャンル:カフェ
■住所:神奈川県横浜市中区山下町78−3
■アクセス:みなとみらい線「元町・中華街駅」2番出口より徒歩2分
■営業時間:9:00〜22:00(L.O 21:30)
■定休日:無休
■ホームページ:http://cafegiang.vn/en/
■食べログ:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14071244/

                                            

posted by ぐるマン at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カフェ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185381418
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック