2019年01月13日

全部のせ 台湾まぜそば@麺屋 こころ 六角橋店(横浜市神奈川区)


menya-kokoro-2.jpg

ぶらぶらと散歩をしていたら、「台湾まぜそば」ののぼりが目に入った。ぱたぱたと風になびいているのぼりに誘われて、思わずその店に入った。

menya-kokoro-1.jpg

まずは食券購入。いろいろな種類のまぜそばあるので、どれにしようか迷ったが、こういう時には「全部のせ 台湾まぜそば」だ。

厨房の中では、麵ゆでをしてるお兄さんが太鼓のばちのような太い棒で、麵をぐりぐりやっている。何をしているのか、どんな効果があるのか非常に興味深い。ゆで上がった麵がどんぶりの中に入ると、もうひとりのお兄さんが、注文に合わせてデコレートしてゆく。見事な流れ作業であるが、ひとつのまぜそばを仕上げのに、結構時間を掛けて丁寧に仕事をしている。これは期待できる。

menya-kokoro-2.jpg

全部のせ 台湾まぜそば(1180円)

「全部のせ」はなかなかのビジュアル。具材がきれいに並んでいるので、混ぜるのはもったいないと思ったが、ここは美味しく食べたいのでえいっ!と思い切って混ぜてみた。

menya-kokoro-3.jpg

何だか妙に重いぞ…と思ったら、下から結構太い麵が登場してきた。準備万端食べてみると、ピリ辛の挽肉が程よく太麺に絡んで美味い。色々な具材との調和による美味さだ。これを考えた人はすごいと思う。ど真ん中の美味さに、あっという間に完食してしまった。

menya-kokoro-4.jpg

目の前には、「兵どもが夢の跡」のごとき、器に残った挽肉。そこに、追い飯を入れてもらい、完食。実に美味い一杯であった。

ところで…「台湾まぜそばって何だ?」と思い、ネットで調べてみたら、名古屋発祥のグルメであることが分かった。てっきり台湾の食べ物だと思っていた。「本場」台湾で食べてみたい…と思ったのは私だけではあるまい。

ごちそうさまでした。

(場所:横浜市神奈川区)

                                            

【お店データ】

■店名:麵屋 こころ 六角橋店(めんや こころ ろっかくばしてん)
■ジャンル:台湾まぜそば
■住所:神奈川県横浜市神奈川区西神奈川3−16−1
■アクセス:東急東横線「東白楽駅」徒歩5分
■営業時間:平日 11:00〜16:00(L.O 15:30) 17:00〜22:30(L.O 22:00)
      土・日・祝 11:00〜22:00(L.O 21:30)
■定休日:不定休
■ホームページ:http://menya-cocoro.com/
■食べログ:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140205/14063312/

                                            

posted by ぐるマン at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾まぜそば
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185372329
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック