2019年01月11日

もり蕎麦中盛@佐久の草笛(長野県佐久市)


sakunokusabue-2.jpg

sakunokusabue-1.jpg

この「草笛」は、長野県内に5店舗(6店舗?)を構える、昼時には行列が出来る人気そば店である。

前々から一人前の量が多いことは聞いていたが…どんなものなのか興味津々…と言って、大盛りを注文する勇気は無いので、中途半端なところで「中盛り」を注文してみた。「+400円」は、考えてみれば、かけそば一杯分ほどの値段である。もう一人前足されてもおかしくない値段だ。案の定、プラス一人前どころか物凄い量のそばが目の前に登場してきた。

sakunokusabue-2.jpg

もり蕎麦中盛(610円+400円)

sakunokusabue-3.jpg

初め、桶に盛られたそばは、「当然」上げ底なのだろうと思ったのだが、発掘してみると、底の方までぎっしりとそばが入っていた。これだと通常の4〜5人前はあるのではないだろうか。ということは、大盛りはどんなことになってしまうのか?もはや、「和」の奥ゆかしさなどはそこにはない。

さて、味の方はというと…う〜ん…そばの風味が…明らかに茹ですぎのゆるゆる状態。せめて、冷水で「きゅっ!」と締めてくれていれば良いのだが…それもない。バンジージャンプのごとく(やったことはないが)、テンションが急降下した。

そば処の本場長野を代表するそば店のそばとして期待して食べたのだが、「ちょっとこれは?」と正直思った。以前小諸の本店で食べた時には、こんな印象はなかったので、店によって味が違うのか、それとも「草笛」全体の味が変わってしまったのか、それとも偶然ハズレを引いてしまったのかは分からないが、とにかく残念であった。

最近は、東京や横浜でも、かなりレベルの高いそばを食べさせてくれる。そういった意味では、「草笛」のそばは、そば処の本場としての実力をしっかりと示さなくてはいけないと思う。

ごちそうさまでした。

(場所:長野県佐久市)

                                            

【お店データ】

■店名:佐久の草笛(さくのくさぶえ)
■ジャンル:そば
■住所:長野県佐久市佐久平21-3
■アクセス:JR「佐久平駅」徒歩6分
■営業時間:11:00〜15:00 17:00〜20:00(L.O 19:45)
      月曜日は昼時間のみ営業
■定休日:無休
■ホームページ:http://www.kusabue.co.jp/index.html
■食べログ:https://tabelog.com/nagano/A2003/A200302/20001748/

                                            

posted by ぐるマン at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そば
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185358449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック